パピーくらぶ通信

携帯サイトはこちら

HOME » パピーくらぶ通信 » 2007年12月

パピーくらぶ通信

パピーくらぶ通信 2007年12月

ペットのネッット販売・移動販売に対するキャンペーンに対して

最近、子犬の通販や展示即売会は子犬の事を思うと負担が大きななどの理由やめさせるべきと主張している団体があります。

通常の店の販売の問題点もあると思うが、通販と展示即売会はいかんとだけ言っていることです。

そのキャッチコピーの中で、ペットのネット販売・移動販売は責任ある販売方法でですか?とあります。

実際私も店で子犬を販売し、また通販もしています。通販では子犬を見て買うことが出来ないし、来てからしか健康状態もわかりません。

ただし、責任ある販売方法かどうかは販売する側のモラルの問題です。今老舗といわれる企業が平気で、賞味期限を切れてても

改ざんして店頭にだすような問題は出てきていますね。

ペットショップで店舗があって子犬を販売してるところでもモラルが下がれば、多少のことはだまして、子犬の販売をすることを優先したらどうでしょうか?

子犬を飼うお客さんよりも、多少なりとも知識は上でしょうから、だますことが可能です。これだけモラルが下がっている中で責任のある販売とは、

お客さんの気持ちに立って、自分の店から買ったお客様が喜んでいただけるようにすることではないのでしょうか?それには通販も移動販売での展示即売会も同じです

次に、命あるペットに配慮した環境がととのえられていますか?

私は犬の販売のみですが、ペットに配慮した環境とはどんな環境なんでしょうか?エサがあり、きれいな水が飲めて遊べる環境だと思うのですが。

そんな環境はペットショップだからできるとかいう問題ではなく、そこのオーナーさんの考え方ですよね。ショップの場合は遊べる環境がネックになりますね。

ショップの中にドッグランなどない場合、たくさんの子犬がいるペットショップの子犬が満足に遊べるスペースをどう確保するのでしょうか?

オーナーが遊べるスペースを取ってあげていればあるでしょうし、そんなことを考えていないオーナーのショップは満足に運動していないでしょう。

通販の場合はブリーダーのもとにいましたので、そこでもブリーダーさんお考え方で大きく変わります。もちろん移動展示販売もブリーダー次第ですね。

次に遠方の飼い主に十分なアフターフォーローが行えますか?

今や車社会に。IT社会です。当店の店で子犬を買った方で電話、メールで不安な点などを聞いてきます。近かろうと遠かろうとと質問してきます。

ペットショップのオーナーが近場のお客さんでもわざわざお客様の所に行ってまで指導するのでしょうか?ほとんどしないのでは?

これも考え方です。大阪の方にプードルを販売しましたが、また最近2匹目として、シュナウザーを販売しました。それは私を信頼していただいて、

買っていただきました。何かあれば電話・メールで速やかにお答してきたからだと思います。

生き物ですので、すべての責任はとれないのは、ショップも通販も展示即売も同じですが、

何かあれば出来るだけのことをしていこうと考えているオーナーとそうでないオーナーではアフターも違うのではないでしょうか?

最後にペットの健康状態は確認しましたか?

ここは通販の場合は送ってくるブリーダーさんのモラルですね。今は健康診断をしてから送ってくれるブリーダーさんも増えています。

ブリーダーさんの中でもショップ業者(ペットショップ)しか販売しない方と通販業者にも販売する方にわかれてきていて、

通販業者にも販売するブリーダーは自分でもお客さんに直接販売もしています。そういう方はしっかり、健康診断を受けてから送っている方が増えています。

そう心配しなくても大丈夫ではないでしょうか?

私の意見まとめです

生体ですので、販売することは非常にむずかしいですね。通販にしても保健所で指導されているホームページに動物取扱業の標識があるかどうか?

動物取扱業の登録番号・有効期限・動物取扱責任者名がない所から買わないこと。

移動の展示即売会ですが、お客様の数に対して販売スタッフが少ない場合が多いと思います。ある業者が富山で展示即売会をしていたのですが、

販売に際して説明がかなり不足していたようです。生命保証についてや、犬の育て方等に説明の時間を取っていただけない場合はそこで買うのをやめたほうが

いいでしょう。

要は騙されないことです。ペットショップで買う場合は手にとってにて決めれる利点があります。しかし通販よりは価格が高いです。子犬がみんな売れる保障が

ないのですから、リスク代として高くなりますね。通販は実際に見れない場合がほとんでですが、安く買えるという利点があります。いいところも悪いところのあります。

買う方も売る方もモラルをもつことです。

最後ですが、私のこの団体の中にひとつの会員です。生体市場なるもの、オークションなどこの業界にはむずかしいことがたくさんあります。

この売りがどうとかこうとかではなく、そのひとつひとつにしっかりとした決めごとを行い、しない方は退場していただくことがこの業界も

お客様もいいのではないでしょうか?もちろん自分が飼い主になったとき飼い主としてのモラルを守っていってほしいですね。

今回は長くてすいません。

プレゼント企画スタートです

CIMG2108.JPG

やっとホームページにプレゼントコーナーが出来ました。今回は本日12/8ー12/31までのご応募で、2008年1/1に発表です。多分発表は昼からになるのではないかと思います。【パピーくらぶ通信のお知らせ】で発表させていただきます。振るってご応募ください。 ペットマットレギュラーサイズを10名様にプレゼント 今回のプレゼントはシャンプー・フード洋服コーナーのトイレ用品 番号m2の商品です

ペットマットはペットシーツの代わりに当店で提案させていただいていて、好評な商品です。使ったら捨てるペットシーツと違って洗濯しないといけませんが、ペットシーツと違いゴミにならずエコ商品です。もちろん400回の洗濯テスト済みで丈夫で、経済的は優れものです。当店のゲージはすべてペットマットを使用しています。 又、大きさの別注文ができますので、わんちゃんのスペースに合わせで作れます。今回プレゼントは裏シート貼りですが、シートなしもあります。

トリマー トリマー見習募集です

とうとう12月になりました。もう8日ですが・・・・

実務経験のある方でカット出来るトリマー、トリマー学校卒業予定や、カットは出来ない見習の方 どしどしご連絡ください。 今いる子は1月いっぱいまでですが、12月からでも採用できます。

電話 0766-91-7444

メール info@papi-club.com

担当   田中

パピーくらぶ通信

最新記事
カテゴリ
月別 アーカイブ

Copyright © 2009- Papi-club All rights reserved.